iPadで論文を読む

以前の記事でpybtexとjinja2を使った論文のリストの生成について書きました。 今回から何回かでそれを発展させて作ったiPadでつかえる論文管理webアプリについて紹介します。

https://github.com/termoshtt/articles

前回同様githubで公開してありますので、使ってもらえるとありがたいです。 つたない英語が読みにくい場合はここで質問してもらえると補足できます。

articles

このアプリはそもそもiPad、特にGoodReaderでの使用を目的として開発されています。 GoodReaderはpdfを読む分には申し分ないのですが、 ファイル名以上の論文の管理ができず、別個でpaper等のアプリを用いる必要がありました。 本アプリはこの点を解決し、GoodReader内部で論文を読む作業を閉じさせるために開発されています。

GoodReaderはHTML,Javascriptを読む事ができ、さらにGoodReader管理下のHTMLからは相対パスで pdfにリンクすることが可能です。 この機能を利用してこのアプリは論文の情報を一覧したHTMLのリストを作成し、リンクを埋め込みます。 さらにJavascriptを用いて検索を行なうことが可能です。

このようにHTMLで作成することにより、デスクトップ環境でも同じ様に使用する事が可能です。 (寧ろ現状ではデスクトップ環境の方が便利です)

構成

このアプリはHTMLとJavascriptから成るwebアプリとCGI部分から成ります。 上記の機能、即ち論文の一覧と検索機能を使用する場合はwebアプリ部分だけで十分ですので、 CGIを使用する必要はありません。 CGIは後述するタグ付けの機能を使用する際に必要となります。 ちなみにCGIpythonで書いています。

要件

このアプリを使用するには論文の情報を纏めているbibファイルがあり、 さらにpdfのファイル名がそのbibtexkeyに一致している必要があります。 これはJabRef等で用いられている規則です。 異る命名規則を用いている場合は自力で変換してください。 さらに変換を行うためにpythonが動作するデスクトップが必要です。 現在はLinuxでのみ動作します(Windows上でプログラム書いたことない)。

今回は以上、概略の説明までです。 次回以降でインストールの方法、タグ付けについて紹介します。

広告を非表示にする