unite-bibtex

前回までに作成したunite.vimにおけるbibtexキーの補完機能。 単独で動作するようになりました

GitHub: termoshtt/unite-bibtex

基本Pythonで実装してあります(ファイルは.vimだけど)ので+pythonが必要です。 またbibtexのIOにpybtexを使用しているので別途インストールが必要です。

sudo easy_install pybtex

でインストールできます。 主要ディストリでもパッケージは提供していないマイナーライブラリですが、 easy_installはこういう時便利ですね。 easy_install自体はFedoraではpython-setuptoolsで提供されています。

未だにvundle使ってるので最近のneobundle等に疎く、 プラグインの追加方法は各自お願いします。 unite-buildを参考に作ったので、そんな感じで動く筈(汗

設定はbibファイルの位置を指定するだけで、

let g:unite_bibtex_bib_files=["~/papers/bib/all.bib"]

とすれば使えます。 複数bibファイルがある場合のためにリストにしてあります。

:Unite bibtex

とすれば、

f:id:termoshtt:20130829051355p:plain

の様にuniteに表示され、 <CR>で対応するbibtexkeyがカーソルの位置に挿入されます。

広告を非表示にする